production notes

リドリー・スコット監督の新作は常に業界の注目の的なので、フィルムメイカーたちは理想的なキャストを集めることができた。「かつて見たことがないような魅力にあふれるキャラクターを最高のキャストが演じている」と、プロデューサーのニック・ウェクスラーは言う。

《キャメロン・ディアスが語る“マルキナ”》

力強い女性の主人公はスコット作品を代表するものだが、本作ではキャメロン・ディアスがその作品群の中でも一番手ごわく、ダークさを漂わせるキャラクターを演じた。ディアスはこの役を演じるにあたり、コメディやドラマ出演などこれまでの豊富な経験を生かした。マルキナは他人の気持ちを理解できない社会病質者で、だから、彼女には一切の躊躇がない。マルキナのエネルギーは、自分にふさわしいと確信できるものを支配し、所有しようと容赦なく追及する気持ちから生まれでる。彼女は自分の行動がどんな結果を招こうと、一切、良心の呵責を感じることはない。ディアスは脚本に即座に反応した。「マルキナは社会病質者で、とても頭が切れる人。彼女はどんなことでもやれる。マルキナには人間らしさはまったくないの。彼女が常に自問していることは2つ。どうやって自分にふさわしいものを手にできるか? 何が自分のものになるか? それ以外のことは何一つ、誰のことも気にならない。マルキナがあれほどパワフルなのは、他の誰よりも自分の行動が招く結果をよく理解しているからなの。彼女が望んでいるのは全てのことからもっと多くを奪うということだけ。マルキナはあらゆる男のパワーを取り上げて吸いつくすの。」ほとんどのシーンでバルデムと一緒のディアスは、二人の役の複雑な関係を説明する。「マルキナはライナーを自分の思いのままにできると分かっているの。彼は彼女のためなら何でもしてくれるけれど、当然ながら、それは彼女が作ったシナリオ通りよ。彼はうっかり、彼女に自分の仕事を管理させ、取引に関わらせ、彼女が自分のものだと考えるものを自由にさせてしまう。しかもなお悪いことに、彼女はそういう関係を楽しんでいる。人の生活を破たんさせることで彼女は活力を感じる。ライナーは彼女を幸せにしようと必死になるけれど、彼女は決して幸せにはならない。彼はいつでも頑張ろうとするから、彼女は何だろうと欲しいものが手に入る。彼に課題を与えるだけでいいの。」しているからなの。彼女が望んでいるのは全てのことからもっと多くを奪うということだけ。マルキナはあらゆる男のパワーを取り上げて吸いつくすの。」ほとんどのシーンでバルデムと一緒のディアスは、二人の役の複雑な関係を説明する。「マルキナはライナーを自分の思いのままにできると分かっているの。彼は彼女のためなら何でもしてくれるけれど、当然ながら、それは彼女が作ったシナリオ通りよ。彼はうっかり、彼女に自分の仕事を管理させ、取引に関わらせ、彼女が自分のものだと考えるものを自由にさせてしまう。しかもなお悪いことに、彼女はそういう関係を楽しんでいる。人の生活を破たんさせることで彼女は活力を感じる。ライナーは彼女を幸せにしようと必死になるけれど、彼女は決して幸せにはならない。彼はいつでも頑張ろうとするから、彼女は何だろうと欲しいものが手に入る。彼に課題を与えるだけでいいの。」

《ブラッド・ピットが語る“ウェストリー”とリドリー・スコット》

ブラッド・ピットが演じるウェストリーは根っからの悪人ではないが、影の部分があることは確かだ。ウェストリーは、哲学的な思索をするうさんくさい麻薬の仲買人で、カウンセラー足を踏み入れようとしている世界がいかに危険かを警告する。ハンサムでチャーミング、ウィットに富むウェストリーは悪びれることのない女たらしでもあり、そのせいで生命の危機に瀕することになる。「ウェストリーは実際には何をしている男かよく分からない。分かっていることは、カウンセラーが取引をするカルテルとつながりがあるということだけだ」スコットが言う。しかし、ウェストリーがどんな人間であろうと、彼はとにかくおしゃれだ。「彼の衣装はカントリー・ミュージックのレジェンド、ハンク・ウィリアムズのようにしたんだ」と、肩パッドが入ったカウボーイが着るジャケットに、カウボーイ・ハットとブーツという姿について監督が説明する。「ウェストリーはちょっとしたダンディーなんだよ。」『テルマ&ルイーズ』でキャリアをスタートさせたピットは、リドリー・スコットと再び手を組んだ本作で、風変わりで強い印象を残すキャラクターに、あふれんばかりのカリスマ性をもたらしている。スコットと再び組めることは抵抗しがたい魅力だった。「僕はコーマック・マッカーシーのファンでもある。だから、『悪の法則』は彼の作品に出演できるチャンスだったし、リドリーと再び仕事をするチャンスでもあった。僕がメジャーリーグに入ることができたのは、リドリーのおかげだったんだ。」風変わりで強い印象を残すキャラクターに、あふれんばかりのカリスマ性をもたらしている。スコットと再び組めることは抵抗しがたい魅力だった。「僕はコーマック・マッカーシーのファンでもある。だから、『悪の法則』は彼の作品に出演できるチャンスだったし、リドリーと再び仕事をするチャンスでもあった。僕がメジャーリーグに入ることができたのは、リドリーのおかげだったんだ。」

pagetoppagetop