StaffProfiles

リドリースコット(監督・制作)

 1937年、イギリス・サウスシールズ生まれ。ウエスト・ハートブール美術大学とロイヤル・カレッジ・オブ・アートでグラフィック・デザインなどを学んだのちにBBCに入社し、TVドラマの演出を手がける。退社後、弟のトニー・スコットとともにCF製作会社RSAを設立。同社で演出した革新的なCFで数多くの賞に輝き、映画界に進出した。  カンヌ国際映画祭で新人監督賞を受賞した歴史劇『デュエリスト/決闘者』(77)で長編デビューを飾り、恐るべき宇宙生物との遭遇を描いた監督第2作『エイリアン』(79)で世界的な成功を収める。ハリウッドに拠点を移したその後も、フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を映画化し、SF映画史上に金字塔を打ち立てた『ブレードランナー』(82)を始め、『レジェンド/光と闇の伝説』(85)、『誰かに見られてる』(87)、『ブラック・レイン』(89)、『1492・コロンブス』(92)、『白い嵐』(96)、『G.I.ジェーン』(97)、『ハンニバル』(01)、『マッチスティック・メン』(03)、『キングダム・オブ・ヘブン』(05)、『プロヴァンスの贈りもの』(06)、『アメリカン・ギャングスター』(07)といった多彩なジャンルの話題作を発表。平凡な女性ふたりの危険な逃避行を描いたロードムービー『テルマ&ルイーズ』(91)、古代ローマの剣闘士たちの死闘を現代に甦らせたスペクタクル活劇『グラディエーター』(00)、ソマリアでの実話に基づく戦争アクション『ブラックホーク・ダウン』(01)の3作品でアカデミー監督賞にノミネートされた。近年も『ワールド・オブ・ライズ』(08)、『ロビン・フッド』(10)、『プロメテウス』(12)といった大作を発表し、精力的な活動を展開している。  また1995年には、トニー・スコットとともに映画とテレビ作品の制作会社スコット・フリーを設立。それ以来、プロデューサーとしても腕をふるっており、『イン・ハー・シューズ』(05)、『ジェシー・ジェームズの暗殺』(07)、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(10)、『THE GRAY 凍える太陽』(12)、『ビトレイヤー』(13)、『イノセント・ガーデン』(13)、TVシリーズ「NUMB3RE ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル」「グッド・ワイフ」「ダークエイジ・ロマン 大聖堂」などのヒット作の製作、もしくは製作総指揮を務めている。2003年には芸術への貢献を認められて大英帝国勲章を授与された。

コーマック・マッカーシー(脚本)

 1933年、ロードアイランド州生まれ。裕福な弁護士の家庭で育つ。テネシー大学を中退後、1953年に入隊した空軍で4年間の従軍を経験。その後、貧しい生活を送りながら地道に執筆活動を続け、「The Orchard Keeper」(65)で作家デビューを果たす。「Outer Dark」 (68)、「チャイルド・オブ・ゴッド」(74)、「Suttree」(79)を経て、代表作のひとつとなる「ブラッド・メリディアン」(85)を発表。のちにこの小説は、ニューヨーク・タイムズ紙上で著名作家の投票によるベスト・アメリカン・ノヴェルズ(1981-2006)に選出された。そして“国境3部作”の第1作「すべての美しい馬」(92)で全米図書賞、全米批評家協会賞を受賞。ベストセラーとなったこの小説は、2000年にビリー・ボブ・ソーントン監督、マット・デイモン主演で映画化された。そして“国境3部作”の第2作「越境」(94)、完結編「平原の町」(98)に続き、「血と暴力の国」(05)を発表。ジョエル&イーサンのコーエン兄弟がこの小説を映画化した『ノーカントリー』(07)は、アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞を受賞した。息子のジョン・フランシス・マッカーシーに捧げた「ザ・ロード」(06)はピューリッツァー賞に輝き、2009年にジョン・ヒルコート監督、ヴィゴ・モーテンセン主演で映画化されている。また最近、人気俳優ジェームズ・フランコが監督を務め、「チャイルド・オブ・ゴッド」が映画化された。  トマス・ピンチョン、ドン・デリーロ、フィリップ・ロスらと並び称せられる現代アメリカ文学の巨匠である。

pagetoppagetop