ブラックアンドホワイト

1976年、ルイジアナ州ニューオリンズ生まれ。外科医の父親と看護学の博士号を持つ母親の間に生まれる。批評家、観客ともに共感を呼ぶ存在として、ハリウッドの人気女優の一人として地位を固めている。『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(06)では、ホアキン・フェニックスを相手に見せたジューン・カーター・キャッシュ役でのすばらしい演技により、2006年アカデミー賞の主演女優賞、BAFTA、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合〈SAG〉賞、ニューヨーク映画批評家協会賞、放送映画批評家協会賞、ピープルズ・チョイス・アワードのほか11本もの賞を受賞。名実共にハリウッドのトップスターになる。2010年12月にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの星を獲得。現在は、受賞歴のあるフィルムメイカーであるジェフ・ニコルズ監督の『Mud』の撮影に入っている。

1980年、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。両親は共に役者で、グウィン・ギルフォードとロバート・パイン。祖母のアン・グウィンは30年から40年代にかけての映画女優だった。彼が大きな注目を浴びるきっかけとなったのは、2009年の大ヒット長編映画、J・J・エイブラムス監督の『スター・トレック』(09)。USSエンタープライズのキャプテンとなる若き日のジェームズ・T・カークを演じ、今後のシリーズ2本の続編でも同役に扮することが決まっている。また、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントンと共演のアクション超大作『アンストッパブル』(11)に出演している。その他の出演映画には、アン・ハサウェイと共演の『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』(05)、『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』(07)、『フェーズ6』(10)など。2012年は本作のほかに『Welcome to People』が公開予定となっている。

1977年、イングランド・ロンドン生まれ。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインのドラマセンターを卒業後すぐに、トム・ハンクスとスティーブン・スピルバーグが製作総指揮をつとめる、HBOの受賞歴のある第二次大戦ミニシリーズ「バンド・オブ・ブラザース」(01)へ出演し、俳優としてのキャリアを踏み出した。映画デビュー作は、リドリー・スコット監督の『ブラックホーク・ダウン』(02)。その後も、『ネメシス/S.T.X』(03)、『レイヤー・ケーキ』(06)、『マリー・アントワネット』(07)、『ロックンローラ』(09)などに立て続けに出演し、瞬く間にハリウッドの人気俳優の一人となり、2010年に公開された『インセプション』(10)で大きな注目を浴びる。

ドイツでトップのフィルムメイカーおよび映画俳優の一人として、俳優、プロデューサー、脚本家、監督、自身のプロダクション会社、ベルリンのベアフット・フィルムズを経営するなどマルチな才能の持ち主。本作では、FDRとタックの命を狙うハインリッヒを演じている。ハリウッドデビュー作は『リプレイスメント・キラー』(98)。その後、『トゥームレイダー2』(03)、『イングロリアス・バスターズ』(09)など、話題作へ出演するほか、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』(99)では製作・脚本・主役を兼ね、作品をヒットに導いた。最近は、ミッキー・ローク主演の『The Courier』の撮影を終えたばかり。

ベストセラー作家、トークショーの司会者、コメディアン、女優、数々のキャリアを持ち、2011年のグラマー誌のウーマン・オブ・ザ・イヤーの一人に選ばれるなど米テレビ界で知らない人はいない存在。本作ではヒロインのローレンを支える親友のトリシュを演じている。2007年の深夜トーク番組「Chelsea Lately」でトークショーの世界に躍り出たあと、局の最高視聴率番組の一本としての地位を維持し続け、続く「After Lately」は第2シーズンを迎え、多くのファンを獲得し続けている。また、彼女の2冊目のベストセラーに基づいたテレビ・プロジェクト「Are You There, Vodka? It’s Me, Chelsea」では出演と製作側の両方を務めている。

1993年公開の伝記映画『TINA ティナ』で熱演したティナ・ターナー役でアカデミー賞ノミネート、ゴールデングルーブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞。アフリカ系アメリカ人女優として初の同賞受賞を為し遂げた。イエール大学で演劇を学び、卒業後に舞台で俳優としてのキャリアをスタートさせる。数多くの舞台を経験し、『F/X 引き裂かれたトリック』(86)を機に映画界へ進出。主な映画出演作に『ボーイズ’ン・ザ・フッド』(92)、『マルコムX』(93)、『ため息つかせて』(96)、『ミュージック・オブ・ハート』(00)、『ドリームズ・カム・トゥルー』(06未)、『グリーン・ランタン』(11)などがある。本作では、FDRとタックの鬼女上司コリンズを演じている。