キャスト

トップに戻る

1967年、アメリカ、ハワイ州生まれ。数々の栄誉ある賞に輝き、今やハリウッドのトップに君臨する大スター。 『ビリー・バスゲイト』(91)でゴールデン・グローブ賞にノミネート、ガス・ヴァン・サント監督の『誘う女』(95)で同賞を受賞、バズ・ラーマン監督の『ムーラン・ルージュ』(01)でアカデミー賞にノミネート、『アザーズ』(01)でゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。 スティーヴン・ダルドリー監督の『めぐりあう時間たち』(02)で、晴れてアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞を獲得し、演技派女優としての地位を不動のものとする。 その後も、アンソニー・ミンゲラ監督の『コールド マウンテン』(03)でゴールデン・グローブ賞にノミネート、『ラビット・ホール』(10)でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、放送映画批評家協会賞にノミネートされる。 超大作からアート系の作品まで、幅広く活躍している。その他の出演作は、『ドッグヴィル』(03)、『白いカラス』(03)、『ザ・インタープリター』(05)、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(07)、『オーストラリア』(08)、『NINE』(09)など。 最新作は、コリン・ファース共演の『The Railway Man』(13)、グレイス・ケリーに扮する『Grace of Monaco』(13)など。