スタッフ

1963年、韓国、ソウル生まれ。映画監督、脚本家、プロデューサー。現代の映画界に欠かせない逸材の一人として高く評価されている。 ソガン大学哲学科在学中に映画クラブを設立、映画評論に取り組む。2000年、『JSA』で当時の韓国歴代最高の興行成績を記録する。 2003年には、『オールド・ボーイ』でカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞、世界にその名を知られる。 続く『親切なクムジャさん』(05)では、ヴェネツィア映画祭のコンペ部門で受賞、ヨーロッパ映画賞にノミネートされる。 2009年、『渇き』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞する。 2011年、全編をアップルのアイフォンで撮影した短編『Night Fishing』(原題:Paranmanjang)で、ベルリン国際映画祭金熊賞(短編部門)を受賞する。 その他の監督作は、『復讐者に憐れみを』(02)、オムニバス映画『もし、あなたなら ~6つの視線』(03)の『N.E.P.A.L. 平和と愛は終わらない』、オムニバス映画『美しい夜、残酷な朝』(04)の『cut』、『サイボーグでも大丈夫』(06)など。

1972年、イギリス生まれ。まもなく家族とニューヨークへ移る。 「バフィー~恋する十字架~」(98)、「ER Ⅶ 緊急救命室」(00)などの人気TVシリーズに出演した後、アンソニー・ホプキンスの青年時代を演じた『白いカラス』(03)で映画デビューを果たし、続いて『アンダーワールド』(03)に出演する。 その後、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなったTVシリーズ「プリズン・ブレイク」(05~09)に主演して一躍スターの座を獲得、日本でも話題となり、人気を得る。 シリーズ終了後は、『バイオハザードⅣ アフターライフ』(10)に出演する。最新作は、『The Loft』(13)。 “テッド・フォーク”(フォークはミラーの愛犬の名前)名義で脚本を執筆、本作が彼の脚本の初の映画化となる。

1937年、イギリス、サウスシールズ生まれ。『テルマ&ルイーズ』(91)、『グラディエーター』(00)、『ブラックホーク・ダウン』(01)でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、映像派の巨匠として後進からリスペクトされる存在。2003年には、大英帝国勲章を授与される。近作は、『プロメテウス』(12)。最新作は、ブラッド・ピット主演の『The Counselor』(13)。

1944年、イギリス生まれ。画家として活躍した後、兄のリドリーの製作会社で数多くのCMを手掛け、1983年に『ハンガー』で長編映画監督デビューを果たす。続く『トップガン』(86)が世界中で大ヒット、その後も『トゥルー・ロマンス』(93)、『スパイ・ゲーム』(01)、『アンストッパブル』(10)などでヒットを記録する。2012年、アメリカで帰らぬ人となる。

『ブロークバック・マウンテン』(05)で初めて製作を担当した後、リドリー・スコットのスコット・フリー・プロダクションの社長に就任、『アメリカン・ギャングスター』 (07)、『ワールド・オブ・ライズ』(08)、『サブウェイ123 激突』(09)、『ロビン・フッド』(10)、『クリステン・スチュワート ロストガール』(10)、『プロメテウス』(12)などを手掛ける。

1970年、韓国生まれ。2003年、パク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』を手掛けて以来、『美しい夜、残酷な朝』(04)、『親切なクムジャさん』(05)、『サイボーグでも大丈夫』(06)、アジア・フィルム・アワードにノミネートされた『渇き』(09)を担当、国際的な評価を得て、チャヌク作品に欠かせない存在となる。その他の作品は、『REC【レック】』(03)、『南極日誌』(05)、『多細胞少女』(06)、『生き残るための3つの取引』(10)、『雲を抜けた月のように』(10)など。

1965年生まれ。『ブラック・スワン』(10)で絶賛され、美術監督組合賞を受賞、放送映画批評家協会賞、英国アカデミー賞など数々の賞にノミネートされる。その他の作品は、スパイク・リー監督の『サマー・オブ・サム』(99)、スティーヴン・フリアーズ監督の『ハイ・フィデリティ』(00)、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(01)、『アメリカン・スプレンダー』(03)、『ダーク・ウォーター』(04) など。ボブ・ディランやデヴィッド・ボウイらのPVも手掛けている。

『スパイダー』(01)、『トータル・フィアーズ』(02)、『ターミネーター3』(03)などサスペンスやアクションの手腕で名を成し、『ダイ・ハード4.0』(07)、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(09)、『Black & White/ブラック&ホワイト』(12)などを手掛ける

二人でチームを組み、『ショートバス』(06)、ティルダ・スウィントン、ティモシー・ハットン主演の『Stephanie Daley』(06)、エル・ファニング、ビル・プルマン主演の『Phoebe in Wonderland』(08)、チャニング・テイタム主演の『ファイティング』(09)、『なんだかおかしな物語』(10)、『ウェス・クレイヴンズ ザ・リッパー』(10)、『ステップ・アップ3』(10)、『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』(11)、『ダークホース ~リア獣エイブの恋~』(11)などを手掛けている。

1963年、イギリス生まれ。ダーレン・アロノフスキー監督作で知られ、『π』(98)、『レクイエム・フォー・ドリーム』(00)、『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』(05)、『ファウンテン 永遠につづく愛』(06)、『スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい』(06)、『レスラー』(08)、ゴールデン・グローブ賞、放送映画批評家協会賞にノミネートされた『ブラック・スワン』(10)、最新作の『Noah』(14)を手掛けている。その他の作品は、『完全犯罪クラブ』(02)、『月に囚われた男』(09)など。