INTRODUCTION
世界中が驚嘆したベストセラー小説の映画化が実現!大海原をボートで漂流する少年パイと一頭のトラは、いかにして〈想像を絶する227日間〉を生き抜いたのか?
カナダ人作家ヤン・マーテルが2001年に発表した「パイの物語」は、たちまち世界各国でベストセラーとなる大反響を呼び起こし、イギリスの権威あるブッカー賞に輝いた小説だ。ひとたびマーテルが創造したオリジナリティあふれる世界に触れた読者たちは、少年と一頭のトラをめぐる物語のあまりにも奇想天外な設定に衝撃を受けながらも、その先に待ち受ける幾多のスペクタクルにぐいぐい引き込まれ、思いがけない結末に心揺さぶられてしまったのだ。このかねてから映画化が待ち望まれていた企画が、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー監督賞に輝く名匠アン・リーの手によって実現。原作小説の壮大なスケール感はそのままに、かつて誰も目の当たりにしたことのない興奮と感動に満ちたサバイバル・ストーリーが誕生した。

アカデミー賞に輝く名匠アン・リーがめくるめくスケールと映像美で紡ぎ上げる奇跡の輝きをまとったサバイバル・ストーリー
まだあどけなさを残す主人公パイ・パテルが経験する“想像を絶する227日間”を映像化した本作は、まさに一瞬一瞬がサプライズの連続だ。わずかな非常食とともに太平洋に投げ出されてしまった少年の命は、それだけでも風前の灯火だが、なおかつパイは救命ボート上のわずかな空間を獰猛なトラとシェアし、共存の道を探さなくてはならない。荒波に揺られ、どこまでも広大な海をさまよう少年とトラの数奇な境遇に目が釘づけになった観客は、絶体絶命の試練に立ち向かうパイの運命に心を鷲づかみにされることだろう。