STORY
CLOSE
アーノン・ミルチャン
過去25年にわたり100本以上の長編映画を手がけ、最も作品数の多い成功したインディペンデント系プロデューサーの1人として知られている。1980年代の終わりまでに、マーティン・スコセッシ監督の『キング・オブ・コメディ』(83)やセルジオ・レオーネ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(84)、テリー・ギリアム監督の『未来世紀ブラジル』(85)などを製作。『プリティ・ウーマン』(90)と『ローズ家の戦争』(89)を大ヒットさせた後、ニュー・リージェンシー・プロダクションを設立、多くのヒット作を製作した。現在、20世紀フォックスがニュー・リージェンシーの一部を所有、同社の映画を世界各国で配給している。