STORY
CLOSE
現代の社会にどこか似た近未来。科学技術の進化により老化は完全に無くなり、全ての人間の成長は25歳でストップする社会となった。この社会の大きな特徴、それは唯一の通貨が“時間”であるという点だ。25歳になった瞬間から、体内時計が刻む余命。“スラムゾーン”の人々の余命は23時間、“富裕ゾーン”の住人は永遠の命を享受する。二つの世界には、<タイムゾーン>という境界線があり、互いの世界の行き来は禁じられていた。 ある日、スラム・ゾーンに住む青年ウィルは、富裕ゾーンからやって来た人生に絶望した男ハミルトンより、116年という時間を譲り受ける。その直後、ウィルの目の前で母親が、わずか1秒という時間のために息絶えてしまう。残酷な運命に怒りを覚え、この世界のシステムの謎の解明に挑む決意をしたウィルは、タイム・ゾーンを超えて富裕ゾーンへ。そこで、代わり映えのしない保守的な日常生活に辟易していた大富豪の娘、シルビアと出会う。 そんなウィルを、時間を監視する<時間監視局員(タイムキーパー)>のレオンが、ハミルトン殺害の容疑で追跡する。富裕ゾーンの住人になりすましていたウィルはレオンに追い詰められ、側にいたシルビアを人質にとって逃走する。 ウィルの一方的な行動で始まった逃走劇だったが、絶体絶命の危機をくぐり抜ける中で、シルビアはウィルの本当の目的に気づき始める。一体誰が何のためにこのようなシステムを作ったのか?ウィルとシルビアの間には、いつしか共感を超えた恋心が芽生え始め、時間の秩序を守る者たちによる執拗な追跡をかわしながら逃避行を続けていく。時間に支配された世界の果てで、彼らに待ち受ける衝撃の結末とは?