INTRODUCTION
CLOSE
ダイニングルームとD甲板のレセプションルームのカーペットを製造した会社が現在も営業しており、当時の染料も復元できることを確認。1672平方メートルにわたるカーペットが特注され映画に使われた。メキシコシティ、ロサンゼルス、ロンドンで細部にわたり実物そっくりに再現されたデッキチェア、テーブルランプ、鉛の入った窓ガラス、ホワイト・スター・ライン社の刻印入りのクリスタルグラスや食器、ナイフ、フォーク類の一式、乗客の荷物、救命胴衣などが復元され、船舶用の小道具の数は何万個にものぼった。