INTRODUCTION
CLOSE
『ブレイブ八一ト』(95)の戦闘シーン、『クリフハンガー』(93)の空中シーンのスタントで映画ファンを驚かせたが、今回の1180人のスタントマンが沈没していく船上で見せるスタントは最大規模のものだという。4等乗務員ボックスホールの役を演じ傾斜する甲板で彼自身も見事なスタントを見せる。おもな作品は、『エア・アメリカ』(88)、『フランケンシュタイン』(94)、『ゴールデンアイ』(85)、『101』(96)、メル・ギブソンの『ハムレット』(91)ではセカンド・ユニット・ディレクターも兼ね、テレビ・シリーズ『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険』も担当している。